【誕生~小学校入学まで】「ひとりで出来た」を年齢別にまとめてみた

【誕生~小学校入学まで】「ひとりで出来た」を年齢別にまとめてみた

こんにちは、ふるです。

我が家には6才と4才の子供が2人いて、日々子育てに奮闘中です!
奮闘しすぎて、ついつい忘れがちになりますが、子供って本当に日々変化があって面白いですね。

というわけで、今回は年齢別に我が家の「ひとりで出来るもん!リスト」を公開します。

年齢別「できるもん!」リスト

0さいで出来ること

4か月:首すわり
5か月:寝返り
6か月:ずりばい
7か月:高速ずりばい
    腰すわり
10か月:ハイハイ
     手づかみ食べ(ハイハインとか)

1さいで出来ること

1歳0か月:歩く(娘)
1歳2か月:息子歩く(息子)
1歳6か月:パパママを話す

2さいで出来ること

スプーンとフォークがあればなんとか食べる
トイレができる、昼のオムツ卒業
数語しゃべる(娘)
小走り

3さいで出来ること

数語しゃべる(息子)
会話が成り立つ
1~20は言える
冷蔵庫を勝手に開けれる
友達の名前を覚えられる(娘)
お絵かきができる
お金でものを買うということが分かる

4さいで出来ること

夜のオムツが外れる
あいうえお~が分かるようになる
もはやずっと話している
夜たまにひとりで寝るようになる
YOUTUBE、amazonprimeビデオにハマる
お風呂に1人で入れるようになる
大便の処理がひとりでできるようになる
今日あったことを大まかに伝えられる
友達の名前を覚えられる(息子)
はさみやのり、おりがみの工作ができる

5さいで出来ること

月~日のリズムが分かるようになる
時計が分かるようになる
補助なし自転車に乗れるようになる
親より友達と遊びたいと言い出す
ニンテンドースイッチに出会い、ゲームを覚える
たし算、ひき算は1桁ならできる

6さいで出来ること

保育園の翌日の準備をちゃんと親に伝えられる
あいうえおが全部書ける
2ケタ計算ができる
親を心配する余裕が出てくる
1人で学校に出かけられる

1人目&2人目/男女の成長の違いは?

これはあくまでも私の感覚値ですが、
1人目より2人目の方が成長が早く、男子より女子が圧倒的に知能的な成長が早いです。

言葉の発達や友達関係の発達は男子の「-1歳半」ペースだなと感じます。
言葉の成長が息子が4才半レベルを、娘は3才で習得しています。
先生のお話を伝える会話なども娘が圧倒的に早い。

でもこれは性格の問題もあるので、1才以上の開きがあったとしても個人差のレベルととらえています。

一番大変な時期はいつだったか?

私が大変だなと感じたのは、1人目の3か月~6か月のずりばい前までです。
夜よく起きるようになったのと、反応の種類が増えて、動けない分文句が増えた時期。
私が寝不足な上、子供とずっと一緒にいて、泣く&呼ぶことが多くあって、気力体力共に消耗モード。
その時期は「早く動けるようになってほしいなー」と考えていました。

動くようになると興味の出るところに突き進んでくれるので、それはそれで危なっかしいですが、文句は減るので、気持ちは楽でした。

ラクに子育てをするために注意したこと

私がラクするためにいくつか意識していたことはこんな感じです
ルールは最小限に!

料理はごはん+1品で十分
早寝早起きが親もラク(8時就寝~6時起床)
子供の昼寝は一緒に昼寝
小さいうちは家事は子供の機嫌のいい午前中に済ます
天気がいい日は少しでも外に出る
断乳は0歳のうちに実施

ちなみに生活リズムはこの本を参考にしました。
私はこの本に本当に助けられた神アイテムです
今でも出産をする友達に渡したりしています

まとめ:正解がないからこそ気を楽に

よく言われていることですが「子育てに正解はない」です。
私もこの育て方が「100%正解!」と思ったことは1度もありません。
最善を尽くしたか?と聞かれれば、
「自分が楽に」というスタンスもかなりあるので、「尽くしては・・・ないかな?」と答えます。

でも、家族4人で和気あいあいと過ごせているひと時を大切に、ゆるゆると育てていこうと思っています。

ではまた♪