【収支報告付き】Uターンしたので持ち家売却しました

【収支報告付き】Uターンしたので持ち家売却しました

こんにちは、ふるです。

我が家はUターン前の家は持ち家で、Uターンする際に家を売却することにしました。
で、先日、やっとこさ家の売却が完了したので、その情報を公開したいと思います!

持ち家は賃貸するか売却するかの2択

Uターンをすると、今の持ち家は当然空き家になります。
当たり前ですが、その時にすべき選択肢は2つしかありません

・賃貸に出して運用する
・売却する

あくまでも私の視点ではありますが、ポイントをそれぞれ記載してみました。

【自宅を売却した場合】
・一度に清算するので、儲けた・損したが一度にわかる
・売却益が出る場合は譲渡税がかかる
・売却金で、次の物件購入の頭金などが確保できる
・資産が純粋に減る
・管理するものがなくなるので、後腐れがない
【自宅を賃貸物件として貸し出した場合】
・初期設備投資が必要
・急な修繕や事故などに対応する維持費用が必要
・賃貸経営に関するノウハウを習得して常に満室経営を目指す必要がある
・↑賃貸業者にまるっとお願いすることも可能だが、満室には責任を持ってくれない)
・10年後、20年後は物件の資産価値が目減りすることも考えておかなければならない
・儲ける・損するは長期的な視点で見届ける
・ローン完済後も収入が入る可能性が高い
・↑管理会社もしくは貸し出す人との継続的な人間関係が発生
・不動産所得の申告をしなくてはいけない

家の状況やエリアの内容もあるのでどちらが損得というのは明言はできませんが、
我が家の場合、

・間取りは魅力的だが、駅徒歩12分なので賃貸には不向き
・ゆくゆくは引っ越し先でも買い替えの可能性があり、まとまった金額が必要
・築17年、3方角角部屋、道路2面設置で採光風通し◎
・食洗器&浴室乾燥&床暖房付きの設備面◎
・土地価格がオリンピック前で上昇中との情報多数

という理由で、売却を選択しました。

売却するには最短でも3か月必要

売却の流れには以下の手順が必要です

見積依頼・価格査定

依頼会社の決定
売り出し

内覧などの対応

購入者の決定

売買契約の締結

決済&引渡し

全てがスムーズにいっても売り出しを決めてから3か月はかかるスケジュールです。
また、購入者の決定といっても買い手がつくかどうか・・・が最重要ですね!
我が家はここに5か月かかりました。

仲介業者は大手にすべし

我が家は「東急リバブル」にお願いしました!
最も大きい理由は親しい人からの口コミですが、結果お願いして本当に良かったなと思います。

理由はコチラの通り!

サポートが手厚い

・複数の大手不動産サイトに掲載をしてくれる
・チラシに物件情報を載せ、新聞折込やポスティングをしてくれる
・売却に必要な住宅診断も手配してくれる
・整理収納アドバイザーが来て内覧に有利なように部屋を片付けてくれる
・ダスキンが来て、キッチン、風呂場、トイレをピカピカにしてくれる
・引っ越しの割引制度がある

などなど

これ、全部仲介手数料内でしてくれるので、こちらに費用負担がないんです!
それがまたいいところ!!

不動産売却市場は大手が圧倒的

現在、中古仲介業者は大手不動産の取り扱いが全体のシェアの7割~8割を占めているそうです。
高い売り物・買い物なだけに、安心・信頼&実績を求める人も多いのが事実。
特にこだわりがなければ、大手不動産会社に申し込みましょう。

東急リバブルに依頼で満足度◎

サポート体制・対応の誠実さ・営業の方の印象、知識の豊富さ
どれをとっても「東急リバブルに頼んでよかったな」と思います。
不動産売却は一生で何回も経験するものではないですが、もし次があったとしても、
東急リバブルに頼みたいと思っています!

Uターンには計画が必要

Uターンに限らず、転居などに伴う持ち家の対応が迫られる場合、段取りや計画建てが必須です。
とは言っても、家の買い手や借り手がつくかどうかは思い通りにスムーズにいかないこともあるので、
そこも加味した余裕のある段取りが組めることが一番です。

2拠点生活が長いと費用はかさむ

・家の売却が思い通りにいかない
・仕事や子供の進学の都合で売却前に引っ越ししなければいけない

といった理由で2戸持ちになる場合、その期間分の家賃は2重出費になります。
これが、生活にかなりの圧迫を与える・・・

さらに
・引っ越し費用
・引っ越し先の住宅の初期費用(賃貸の場合は敷金・礼金、持ち家ならば頭金や仲介手数料)
といったインパクトの大きい出費もあるので、余計にある程度の貯蓄と計画建てが必要です。

内覧などの対応で引っ越し前で忙しかろうと貴重な休みは奪われる

私の場合は、引っ越しの1か月前に売却申し込みと動きが遅かったこともあり、予定がかなり立て込みました。
しかも、2月申し込みの4月上旬引っ越し。
その中で、内覧が休日に入ってくるので、かなりバタバタした3月でした。

・卒園準備
・入学、入園準備
・退職引継ぎ
・引っ越し準備
・役所手続き

今思えばよくこなしていたなーと思います。

Uターン後に売却決定の場合、最低1度は戻らないといけない

結局引っ越し前に売却することはかなわず、2重生活は4か月ほど続きました。
そして、晴れて売却決定!

最後の仕事の決済手続きの際に、一度だけ戻りました(旦那が)。

銀行で決済処理を行うので、平日1日空けておく&往復交通費が必要ですね。

公開!ふるの売却内容

さぁ、で、具体的に我が家の収支を公開したいと思います。

結論!売り時タイミングで儲けました

購入価格:3,170万
売却価格:3,480万

7年住んだ家ですが、購入時よりも高い金額で売却することができました!!
これは庶民には本当にうれしいことです。

上記以外の出費

・管理費
・修繕積立金
・固定資産税
・仲介手数料(購入時・売却時)

維持費はかかります。もちろん。
7年分まるっとタダではないですが、大幅に得したことは間違いないですね。

2019年、家売り時ですよ!

まとめ

もし持ち家の売却をされている方に伝えたいことは

・スケジュールに余裕を持った売却計画
・大手仲介業者に依頼

を心からおすすめします!

おすすめサイト

すまいValue
東急リバブルをはじめ、大手6社に見積相談ができるサイト

東急リバブル
ふるが依頼したお墨付き