【2018年クルーズランキング】格付け発表!1位の客船ってどんな船?

【2018年クルーズランキング】格付け発表!1位の客船ってどんな船?

こんにちは、ふるです♪

11月1日に2019年バージョンの最新のクルーズ船格付け表『クルージング&クルーズ・シップス2019 』(ベルリッツ刊・英語版)が発売されました!

ミシュランの客船バージョンとも言える、ベルリッツの格付けですが、
今年は小型船部門1位と2位の「オイローパ2」と「オイローパ」が昨年同様最高得点の「5つ星プラス」を獲得。
新造船では、小型船部門4位の「シーボーン・オベーション」や大型船部門2位の「マイン・シフ1」、8位の「ワールドドリーム」、9位の「MSCシービュー」などが新たにランクインしています。

ランキング上位5位を紹介

大型船部門

1位 クイーン・メリー2(キュナード・ライン)
2位 マイン・シフ1(TUIクルーズ)
3位 マイン・シフ6(TUIクルーズ)
4位 マイン・シフ5(TUIクルーズ)
5位 マイン・シフ4(TUIクルーズ)

クイーンメリー2はラグジュアリー船の最高峰とも名高いキュナードクルーズの船で、世界で唯一ペットと乗船できる大型客船としても有名ですね。

JTBクルーズHPより引用

一方2位~5位までを独占しているTUIクルーズは日本ではまだ馴染みが少ないですが、ベルリッツの格付けランキング常連で予約を取るのも難しい超セレブなクルーズ船です。
ちなみに。船のMein(マイン)・Schiff(シフ)はドイツ語で「私の船」という意味になります。

中型船部門

1位 バイキング・サン(バイキング・クルーズ)
2位 バイキング・スカイ(バイキング・クルーズ)
3位 バイキング・スター(バイキング・クルーズ)
4位 バイキング・シー(バイキング・クルーズ)
5位 クリスタル・セレニティ(クリスタル・クルーズ)

バイキングクルーズがTOP4までを独占ですね。
バイキングはリバークルーズでもとても有名ですが、その経験を活かし、海洋の客船として事業をスタートさせた経緯もあります。リバークルーズを彷彿とさせるゆったりとした雰囲気と丁寧な心遣いが規模を大きくしても実現している船といえます。

HPには360℃写真で船内を疑似体験できるコンテンツもありましたので、ぜひご覧になってください♪
360℃写真でバイキングクルーズを見る

小型船部門

1位 オイローパ2(ハパグロイド・クルーズ)
2位 オイローパ(ハパグロイド・クルーズ)
3位 シルバー・ミューズ(シルバーシー・クルーズ)
4位 シーボーン・オベーション(シーボーン・クルーズ)
5位 シーボーン・スピリット(シーボーン・クルーズ)

上位はハパグロイドとシーボーンの2強ですね。中でもハパクロイドのオイローパ2は全カテゴリの中でも1位を獲得している船になります。

オイローパ2
シルバーミューズ
ちなみにオイローパ2は2019年に日本への寄港が決まっています。
1)2019年4月23日(火)香港発~5月7日(火)東京着 15日間
(香港~基隆~済州島~釜山~長崎~福岡~広島~別府~神戸~清水~東京)
神戸港には5月3日、4日と2泊停泊。

2)2019年5月8日(水)東京発~5月26日 シンガポール着 19日間
(東京~鳥羽~那覇~石垣島~基隆~香港~ハロン湾~ダナン~ホーチミン・
シティー~シンガポール)
ホーチミン・シティには1泊、 東京港には2泊停泊。

ファイブスタープラス(☆☆☆☆☆+)の船なので、値段もかなりしそうですが、興味があればぜひご乗船をご検討してみてはいかがでしょうか?

ブティック船部門

1位 シードリームⅠ(シードリーム・ヨットクラブ)
2位 シークラウド(シークラウド・クルーズ)
3位 シークラウドⅡ(シークラウド・クルーズ)
4位 シードリームⅡ(シードリーム・ヨットクラブ)
5位 ナショナル・ジオグラフィック・オリオン(リンドブラッド・エクスペディションズ)
シードリームⅠ

シードリームは客船のプロモーションビデオもありました。

1万トン以下の小型船ながら、その優雅さと華やかさを備えており、小型サイズを生かして、大型船ではいけないような場所も行けるという優位性を航路にも反映していますね。

まとめ

いかがでしょうか?
ベルリッツの格付けは毎年発表しているものですので、クルーズを検討する上で、参考にしてもいいかもしれませんね。
ただ、価格が高かかったり、日本にはなじみのないものも多いで注意が必要です。(日本語サポートまでついているものは少ないです)

では♪