【比較検証】クルーズ中のネット環境についてーwifiはレンタル or 購入ー

【比較検証】クルーズ中のネット環境についてーwifiはレンタル or 購入ー

こんにちは、ふるです。
ブログを始めてからというもの、前にも増してネット漬けの毎日です。
(子供と旦那に怒られそう・・・笑)

クルーズ中でも、写真をアップしたり、日本の家族や友人に連絡を取りたいシーンが必ずありますし、去年乗船したクルーズで台風で航路が変わった緊急時に、かなり通信を必要としました。

・会社に休みの延期の連絡
・(急遽)飛行機の予約
・家族に状況の連絡
・台風の状況確認
などなど…

そこで、今回はクルーズ中のネット環境について体験談もふまえ、ご説明します!

クルーズのネット環境について

全てのクルーズ船にはwifiプランがあります

まず、気になるのはクルーズ船のwifiプラン。
現在、ほぼすべての船にはwifi環境もしくはパソコンラウンジが整っており、誰でも申し込みをすれば、インターネット環境に接続することが可能です。

そして、気になるお値段は、、、かなり高額です!

例:コスタネオロマンチカの場合
■ソーシャルメディア1日パッケージ(8ドル/日 購入から24時間使えます)
■ソーシャルメディア全日程パッケージ(30ドル/全日程 購入からの全日程で使えます)
■インターネットパッケージ M(10ドル/250MB 時間指定なく250MBまで使えます)
■インターネットパッケージ L(30ドル/1GB 時間指定なく1GBまで使えます)

※2018年時点の値段です

しかも、衛星wifiのため、通信速度はかなり遅めです。
もちろん、使えなくはないですが・・・

寄港中はターミナルのフリーwifiにつなぐのがおすすめ

寄港中は、わざわざ衛星電波をとらえなくても、地上のフリーwifiを駆使しましょう。
ターミナルにはフリーwifiが整っている場合が多く、そこの電波を拾うことができます。

※クルーズあるあるですが、船を降りたターミナルではクルーの方々が家族や友人と連絡している姿を必ず見かけます。

航海中は衛星wifiしか選択肢はありません!

海の上には地上の電波が届きません!
衛星wifiからしか受信できないので、そこはクルーズの通信を申し込みましょう。
申込方法は部屋にアナウンスがありますので、そのガイダンスに従えば、ネットをつなぐことが可能です。
支払いは下船の清算時に一緒に行います。

あらかじめ、会社や家族には事前にスケジュールを伝え、連絡が取りづらくなることを伝えておきましょう。
また、どうしても使わないといけない場合を除き、通信は寄港中になるべくすまし、海の上では割り切って、通信を気にせずにくつろぐことに専念しましょう♪
ネット環境から離れることも含め、クルーズは「非日常の空間」なのです。

寄港地観光ではネット環境があった方が便利

とはいえ、なんでもスマホで調べられる時代にネットも使わず、重たい本を寄港地の数だけ買って持っていくのも大変です。
忙しくて出発まで寄港地観光をそこまで下調べできないケースだってあります。
当日はおいしいランチや特産品やお土産屋さんを調べたいだろうし、観光地のアクセスも把握しなければいけません。
全部人に聞ければいいですが、英語が話せない場合もあるし、そもそも英語圏でない場合もあります。

ということで、私は日本から海外でも通信環境を整えることをおすすめしています。

携帯会社の海外プランor レンタルwifi or 購入wifi

通信環境を整える方法といっても、おすすめは3パターンあります。
それぞれにメリットデメリットがあるので、まとめていきますね。

携帯会社の海外プランの場合

日本のキャリアにも海外パッケージがあり、事前に申し込みをすると、特に付属の機器がなくても海外で通信することができます。

例:ドコモの場合
・2,980円/日でパケ放題
・1,980円/25.5MB
・980円/24時間※日本での契約容量を使う
の3パターンがあります。

2番目の25.5MBというのは通信料としては瞬殺なので、980円で日本の契約容量を使うか、2,980円で使い放題を別途契約するかになると思います。
日本での契約容量が大きい場合は980円のプランを使えばいいですが、オーバーしたら従量課金になるため、注意が必要です。

しかし、日本発着クルーズで海外の寄港地が1か所の場合には、レンタルや購入よりも安価ですみます。

レンタルwifiの場合

レンタルwifiのメリットは価格になります。
上記で述べた携帯会社の海外プランよりもはるかに安価で通信プランがあるため、
海外発着のクルーズの場合はおすすめです。

主要な3パターンのレンタルプランをご紹介します。

レンタルwifi名 料金目安
(2か国以上プラン)
最大通信量/日 利用可能国 使い放題
プラン
ルーター
配送有無
イモトのWiFi 1,580円 400MB/3日 200カ国以上
エクスモバイル 1,100円

1,450円

300MB/日

500MB/日

128カ国以上
GLOBAL WiFi 2,150円 250MB/日 200カ国以上

上記の3つはどれも有名なレンタルwifiになります。
2か国以上の世界周遊プランの金額をのせていますが、大容量プランやヨーロッパ周遊プランなど様々なプランがあるので、
行き先や使う目的などに応じてぜひ比較してご検討してみてください!

購入wifiの場合

クルーズが長期の世界一周や2週間以上の場合は、レンタルだと金額が大変なことになってしまいます。。
そんな場合は、海外でも使えるwifiルーターを購入してしまうのがおすすめです。
実際に船のクルー(スタッフ)はこのケースが圧倒的に多いです。

利点としては、通信が事前に契約でなく、都度購入になるので、使いたい分だけ購入し、大きな取りこぼしがない点。
また、モバイルバッテリーの機能も兼ねているものもあり、1台で2役が使えます。
口コミでは初期設定が起動した国の言語になるものもあるので、事前に日本で設定、初回の容量購入をしておきましょう。

【Pokefi】Wifi Hotspot ポケフィポケット ワイファイ (One size) [並行輸入品]
SMARTGO

中でも一番上のPokefiは1GB=3$USととても安いので、初期費用がかかりますが、
モバイルバッテリー兼用&海外出張や旅行が多い方は持っておいて損はないかなと思います。

その他で意識したいネット環境

最後に、クルーズ旅行に行く上での準備(ネット環境関連)では、
「オフライン」でいかに現地で活用できるアプリやデータをダウンロードしておくか!!もとても重要です。

翻訳・MAP・メモなど事前にオフライン対応を考えてアプリをダウンロードしておくこともおすすめします。

また、子連れはオフラインでアニメや絵本、ゲームが楽しめることが必須です!!
これがないと飛行機含め、長時間のディナーに耐えられなかったりします。。

こちらは、また後日ご紹介したいと思います♪

ではまた!!