【クルーズのギモン集】船酔いしやすい人がクルーズ乗っても平気なの?おすすめの酔い止め薬は?

【クルーズのギモン集】船酔いしやすい人がクルーズ乗っても平気なの?おすすめの酔い止め薬は?

こんにちは、ふるです♪
新婚旅行でクルーズに行って以来その魅力にハマってしまい、
ブログで日々クルーズの情報をお伝えしているクルーズブロガーです。

クルーズ旅行、初めての方が検討するときに気になることってありますよね?
旅行代理店やクルーズ会社のホームページでもよく書いてありますが、「実際のところ」を今回はふる体験談を踏まえてご紹介します!

「クルーズ船は揺れるのか?」
「船酔いしやすい人でも平気なのか?」

クルーズに関して、一番よく聞く質問がこちらです!
私もクルーズに行く前はこれが一番気になってました。
ということで、早速解説してまいります!!

結論

結論から申し上げますと「酔いにくいけど、100%ではありません!」が私からの回答です。
言い切れなくてすみません。。

かくいう私は、「乗り物めちゃめちゃ酔いやすい」体質です(笑)
でも、クルーズが大好きです♪
私以外の同伴者(旦那や両親、妹など)が乗船中に酔っているところをほぼ見たことがありません。
クルーズ船は本当に酔いにくいんだと思います。

海上を航海するので、「穏やかだから大丈夫!」という海域でも天候によっては船は揺れます。
天候の関係で海が比較的揺れているときに全然酔わないタイプの旦那が「酔い止め飲もうかな・・・」と言ってたときがあります。
なので、100%酔いませんというお答えはやっぱりできないんですよね。

ほとんどの船には「フィン・スタビライザー(横揺れ防止装置)と呼ばれる装置がついており揺れの75%をカットします!」というご説明がなされております。
フェリーや観光船などで酔った経験があっても客船は対策がしっかりしておりますので、ここは怖がらずぜひ挑戦してみてください!

酔いやすい人は酔い止め対策を!

酔いやすい人もしくは酔ってしまった場合は以下の方法で対策を取りましょう!

<準備段階でできること>

・酔い止め薬/もしくはバンドを持参する
・比較的中央の・低めの階の船室を選ぶ(船で一番揺れにくいところです)
・できるだけ大きめの客船を選ぶ
・気候が穏やかなベストシーズンを選ぶ

<乗船後にできること>

・フロンドデスクまたは医務室で酔い止めをもらう(無料)
・酔い止めの注射かバッチをつける(有料)
・酔い止めバンドをショップで購入する(有料)
・空腹では酔いやすいので、なるべく食べる

乗船後にも酔い止めが無料で手に入るので、安心ですよね。
なお、船室については、申込時に選択できる場合と選択できない場合があるので、ご注意ください。
日本発着などは船室指定ができないことも多いです。

おすすめの酔い止め

酔いやすい私のおすすめ商品をご紹介しておきます。

「乗り物酔い」歴30年の私のお墨付き商品です(笑)!
1日1回の服用で済みますし、この商品を飲んで乗り物酔いしたことがないです!(残念ながら他の商品では酔ったことがありました…。使い方違ってたのかもですが。。)

ちなみに、子供にはこれを使っています。

ほとんどの酔い止めが5歳以上の服用と記載がある中で、3歳~OKな唯一の酔い止めなので、幼児がいる我が家はとても重宝しています。
我が家は両方持参していましたが、プチベリーは2錠飲めば大人も服用できるので、複数が大変だという方は、この商品だけでもいいかもしれません。

特に子供は「船酔い」という感覚がわからず、突然食欲がなくなる・気持ち悪くなるなどのケースもあります。
我が家では、先日のクルーズで息子(当時4歳)が慣れない環境で知恵熱を出したことがありました。
そのため、旅行では毎回「風邪薬・酔い止め・バンドエイド」を持っていくようにしています。

というと、矛盾しているかもしれませんが、私は本当に酔いやすい人(なのに、クルーズ大好き)なので、航海中は必ず1日1回飲むので、日数分購入していつも持参しています。
酔いにくい人にとっては「えー?」ってくらい大げさですが、自分のいつもつかっている商品を持っていくことにしています。
せっかくお金を払って楽しみにいくのに、気持ち悪くなって台無しになるのが嫌なんですよね。

もし「薬がイヤだ!」という人は酔い止めバンドをどうぞ!

せっかくの旅行なので、船酔い対策もしっかりと、クルーズを楽しんできてくださいね!
ではまた♪