【クルーズ選びの参考書】クルーズ客船のランキング・格付けとは!?

【クルーズ選びの参考書】クルーズ客船のランキング・格付けとは!?

こんにちは、ふるです。

みなさんはクルーズを選ぶときにどんなことを参考にされるのでしょうか?
エリア・価格はもちろんのこと、ランキングや口コミなども重要かと思います。

飲食店では、「食べログ」や「ミシュラン」などのランキングが口コミがありますが、
クルーズの世界にも「ランキング・格付け」が存在するのはご存知でしょうか?
今日はそのクルーズのランキングや格付けについてご説明してまいります。

船会社別クラス分け

客船のカテゴリーは上から「ラグジュアリー」「プレミアム」「カジュアル」の3クラスに分類されます。
これは主に船会社別に設定されているものになります。

主なクルーズのクラス分け

ラグジュアリークラス
1泊約4万円以上
キュナードライン
クリスタルクルーズ
シーボーンクルーズ
シルバーシークルーズ
セブンシーズクルーズ
ロストラルクルーズ
リージェント
日本船(飛鳥Ⅱ、にっぽん丸、ぱしふぃっくびいなす)
プレミアムクラス
1泊約3万円以上
オーシャニアクルーズ
セレブリティクルーズ
プリンセスクルーズ
ホーランドアメリカライン
カジュアルクラス
1泊約1万円以上
MSCクルーズ
ロイヤルカリビアンクルーズ
コスタクルーズ
スタークルーズ
ノルウェージャンクルーズ
カーニバルクルーズ

ランクが高いからいい、価格が安いから悪いというのは特にありません。
そういった視点ももちろん大事ですが、
格式高く、富裕層が乗るフォーマルな船はラグジュアリーだし、
ファミリーで休暇をワイワイと過ごしたい場合はカジュアル船がおすすめです。

会社や学校にもそれぞれの雰囲気や風土があるように、客船によっても特徴が違うんです。

例えば、クルーズに行かれた方で、
「〇〇クルーズのアラスカクルーズに行ったら、ファミリーはアウェイ感があった」
「前回プレミアム船に乗って、今回カジュアル船に乗ったけど、私は前回の方が肌にあった」
などの口コミを見かけることがあります。

コースや予算も大事ですが、どの船に乗るのかもきちんと下調べをすることをお勧めします。

クルーズのランキング

上記のクラスとは別に、クルーズに点数をつけランキングをしたり表彰をしているものがあります。
日本では主に2種類あります。

クルーズシップ・オブ・ザ・イヤー

日本で最もメジャーなクルーズ専門誌『CRUISE(クルーズ)』の読者投票で決まる、
”クルーズファン&関係者での日本版クルーズ総選挙”です。

毎年春(3月~4月)に発行するタイミングで発表をしています。
部門は以下の6部門です。

「総合部門」、「日本船部門」、「外国船部門」、「エリア部門」、「港部門」、「フェリー部門」

傾向としては、日本のクルーズ雑誌の投票企画なので、
必然的に日本船、外国客船でも日本発着を行う客船のランキングが高いです。
(飛鳥Ⅱにいたっては、〇〇年連続1位を獲得!とあります。)
ただ、日本人の目線でつけたランキングなので、とても参考になることは間違いないです。

クルーズ・オブ・ザ・イヤー

こちらはクルーズシップ・オブ・ザ・イヤーとはの選考方法・対象が異なります。
こちらは、クルーズ業界人におけるクルーズの旅行商品の表彰制度です。

名前・似すぎなのでご注意ください笑。
クルーズシップ・・・:一般人投票
クルーズ・・・:業界人投票
です。

「クルーズ・オブ・ザ・イヤー」は、旅行業界の健全な発展に寄与したクルーズ旅行商品を対象とし、特にオリジナリティーに溢れ、かつ、わが国のクルーズマーケット拡大に貢献した商品を企画造成、実施した旅行会社・船会社、クルーズの誘致に貢献した自治体、あるいは今後クルーズの良き理解者になって頂きたい方等を顕彰することによりモチベーションの向上を期するとともに、一般消費者に対し良質のクルーズ旅行商品・サービスの提供を図ることを目的とする表彰制度です。
クルーズオブザイヤーHPより引用

毎年、一般社団法人日本外航客船協会「クルーズ・オブ・ザ・イヤー 実行委員会」が主催とつとめ、
約6名の委員長、選考委員から選出されます。
メンバーは毎年異なりますが、大学の教授、専門誌の編集長、クルーズライターなどその道のプロが厳選なる審査をされています。
対象は、一般社団法人日本外航客船協会加盟会社、または一般社団法人日本旅行業協会加盟会社が企画造成し、期間内に催行実施するクルーズです。
表彰は、「最優秀賞」、「優秀賞」、「特別賞」の3カテゴリーですが、優秀賞は毎年何組か受賞があります。

Berlitz Cruising & Cruise Ships

飲食業界でミシュランがつけている格付けは、クルーズ業界では、ベルリッツ社が格付けしています。
ベルリッツ社は日本でもおなじみの語学学校を運営している世界的企業です。

格付けしたものは、毎年ガイドブックにて発売しています。全て英語表記で、日本語訳のものは残念ながらありませんが、700ぺージ越えの超大作で写真もありますので、クルーズが好きな方は1冊持っておいてもいいかもしれません。

内容は、世界各地で運航されているクルーズ客船について、それぞれ星1から星5+(ファイブスター・プラス)まででランク付けしています。目安として、星3+以上の評価であれば、乗船して得られる満足度の確度はおおむね高いとされています。

先日紹介した下記サイトでも格付けを検索することができますよ♪
アプリもあり、私はよく参考にしています。

ただ1点、注意してほしいのが、
星の数が多い=高級、高品質ですが、
それがイコール自分の満足度には直結しないということです。

最初に述べたように、ラグジュアリーが合う人とカジュアルが合う人が違うように、
ある程度条件が決まってきたときに、
同クラス、航路、金額で候補の客船が複数出てきたときの参考になさってください。

では♪