複数保育園の経験談!保育園ってこんなに違う!保活の重要性を考える

複数保育園の経験談!保育園ってこんなに違う!保活の重要性を考える

こんにちは、ふるです。
現在3歳と5歳の2児を保育園に通わせている兼業ママです。

本日は「保活」についてお話したいと思います!

保活とは?

保活とは婚活・妊活のような「〇活」の造語シリーズの一つで、
子どもを保育所・保育園に入れるために保護者が行う活動のことです。

すんなりは入れればいいのですが、主に都心部にて、
保育所の入れる定員枠に対し入所希望者が上回り、入所できないことケースが多くあります。
その入れない子供のことを待機児童と言います。

待機児童の状態が一定期間を過ぎてしまうと、育休中の母親は復職ができないだけでなく、退職になってしまいます。

そのため、入所選考の際に有利になるように就労条件を変更したり、
入所しやすい保育所の近くに引っ越したりするなどの対策をとるご家庭も多く、
「保活」は、こうした活動を指して呼ばれています。
参考:コトバンクHPより

待機児童を知ろう

厚生労働省のHPでは、
平成29年度の保育園児は2,546,669人に対し、待機児童は26,081人と発表しています。
(注)利用児童数は、全体(幼稚園型認定こども園等、地域型保育事業等を含む)。

待機児童対策は政府でも取られていますし、民間企業内保育や民営保育園も続々誕生しています。
にも関わらず、待機児童の数は年々右肩上がりです。

背景には、
・共働き世帯や就労希望世帯の増加
・世帯年収の減少
・出産の高齢化に伴う祖父母の保育の困難
・核家族化
など様々な要因が挙げられます。

私自身は都心部と言われるところに住んでいるため、
0歳児から周りで「希望の保育園に入れなかった」「待機になった」「社員で祖父母が遠方在中じゃないと無理」
など本当に様々な話や噂を耳にしました。

いまお住まいの地域の現状を知ることは、あなたの家庭が待機児童を免れる一歩になります。
積極的に調べてみましょう。

保育所・保育園を家からの距離順に並べてみよう

仮に保活が不必要な場合、保育所・保育園は下記の要素が重要だと考えます。
(あくまでも私の見解)

1:家または会社からの距離
2:保育の時間
3:園庭の有無
4:給食かお弁当か
5:保育の方針
6:園長先生や先生の雰囲気
7:園児の表情・元気よさ
8:カリキュラムや行事の内容

私自信の経験上、家から一番距離が近い場所にある保育園が一番楽チンです。
って当たり前ですが…。

なので、保育園を家からの距離順に並べ、そこを順番に下調べするのが一番効率的です。

希望の場所に入れるとは限らないので、
自分の希望は少なくとも第1希望~第5希望まではチェックし、
実際の申込用紙には枠いっぱいに書くようにしましょう。
※私の住んでいるエリアは第10希望までの枠がありました

また、上記条件を表にして、ご家族とも相談してみるのもいいかもしれません。

例えば園庭のある・なしに関して言うと、

一般的には、園庭ありの方がいいという見方が多いですが、
・園庭はない分、他の教育に力を入れている
・近くの広い公園まで毎日散歩に行っている
・外に出るのが多いので信号や歩道のルールをいち早く覚えられる
・いろんな場所に連れて行ってくれるので刺激が多い
などの見方もできます。

トータル的な判断で希望順位を決めていきましょう。

会社で受け入れてくれる場合の注意点

最近は待機児童問題を受けて、企業内保育施設があるところも増えてきました。
待機児童が多いエリアに住まれている方にとっては、本当にありがたいことだと思います。

ただ、1点だけ注意してほしいのが、
「会社に保育園が併設されているから保活は必要ない」ではないということです。

会社内保育園のメリット・デメリットを下記に記します

<メリット>
・出社ギリギリまで子供と一緒に入れ、帰りは真っ先にわが子に会える。
・費用が割安になる場合がある
・会社の同僚の子もいるので、会社でもママ友やパパ友ができる
・震災などが起こった際、真っ先に迎えにいける<デメリット>
・電車通勤の方は満員電車で一緒に通う可能性がある
・子供だけでなく保育園の荷物も一緒なので、通勤時の荷物が多い
・都心の中で散歩や公園が少ないことがある
・残業時なども配偶者や家族のお迎えを頼みづらい
・0歳~年長までまとめて見ているケースが多く、年齢に応じたケアがしにくい

上記を踏まえて、家の近くか、会社の保育園かを決めてみてくださいね。

スケジュール

保活のスケジュールには鉄則があります。
それは「4月入所・入園」です。
4月は新年度になり、一斉に入所・入園を行います。
そのタイミングで入らない場合は、家族の引っ越しや退職などの少数ケースでの枠が空いたときを待つしかありません。
通年枠が空いている保育園もあるようですが、まずそれはないという前提で4月入園を狙って動きましょう。

平成30年度現在は、育休期間が最大2年間になりました。
育休ママはご存知のことと思いますが、「2年間お休みできる♪」ではございません。
保育園に入れなかった場合、「満1歳~満2歳」まで育休を延長できる。ということです。

保育園は主にこの2つの枠での入所・入園を目指します。
・満0歳で入園(4/1時点で0歳の子ども)
・満1歳で入園(4/1時点で1際の子ども)

理由は保育園のほとんどが0歳または1歳児クラスから始まっており募集枠が一番多いからです。

例えば、私の通う保育園の場合、以下の構成になります。※結構大きい規模の保育園です

0歳児:20名
1歳児:25名
2歳児:30名
3歳児~5歳時:各45名そして、新規募集枠で見てみると・・
0歳児:20名
1歳児:5名
2歳児:5名
3歳児:15名
になります。

新規募集枠、明らかに0歳児有利ですよね?
1歳児になると明らかに枠が少ない…
3歳児は多いですが、育休はとっくに終わってますし、2歳児までしか見ない認可外の子達が多く入ってきます。
3歳児で入ってきた子供は「保育園デビュー」ではなく、「保育園異動」なケースがほとんどです。

保育園によっては0歳児はおらず、1歳児からのクラスのみの園もあります。

だからこそ、希望する保育園・保育所が
0歳児からなのか、1歳児からなのかを把握しておく必要があります。

そして2歳児から入れよう!では遅くなっていることを把握しておく必要があります。

見学する時期

市がやっている公設や市立の保育園には一斉見学会があるところが多く、
入園を検討している保護者が自由に見学できる日が設けられています。
保育園の募集要項に乗っていることが多いのでぜひチェックしてみてください。

先生方は忙しく、なかなか説明会のような主だったことをしないのですが、
壁の掲示や園児の様子などを観察することで、その保育園の様子を見ることができます。
できるだけその日は予定を空けておき、見学を実施するようにしましょう!

また、認可外保育園などは一斉見学会を設けていない場合もありますので、
事前にお電話などをして、見学できるかを聞いてみましょう。

ふるの経験談

私は2人の子供を両方保育園で育てております。
上の子は1歳~3歳、4~5歳と2つの園でお世話になり、
下の子は0歳から今の園ですが、1年間は別々の保育園に通っていました。

そこで、こんなにも違うのか!?という感想を持ったので、それをご紹介します。

〇子供が服を汚した場合〇
A:さっと水で流すが、汚れたままビニール袋に入れ、返却
B:キレイになるまで洗い、返却〇子供の髪が長くなった場合〇
A:シラミ対策といい、女の子は全員編み込み
B:自分でくくれない場合は髪切ってくださいという〇教育〇
A:英語・体操・平仮名・鍵盤ハーモニカ
B:上記英語なし

〇プール〇
A:15mプール
B:10mプール

〇時間〇
A:20時まで延長可
B:19時まで延長可

〇服装〇
A:体操の日以外は肩だしNGだが、スカートOK
B:スカートNG、全員ズボン

〇トイレトレーニング〇
A:トイレトレーニングを率先して開始
B:オムツで完璧にトイレできるまでパンツは許可出ず

〇園庭〇
A:狭く運動会は近隣小学校にて開催
B:広く三輪車なども練習可能

〇先生の年齢層〇
A:園長先生以外は皆若い
B:年齢層幅広い

以上

こんなにありました。
AよりBが自由度が少ないですが、
園庭も広く先生も年齢層が様々でそれはとてもよかったとも思っています。

入らないとわからない部分もとても多いですが、
雰囲気は事前にわかるので、わが子を入れる保育園を真剣に考えてみてくださいね。

では!